野球のピッチャーの正しいフォームとは?結果を出すための大事なポイント教えます!

野球

野球をしたり、見たりしているといろんなピッチャーのフォームを見ると思います。その中で「ピッチャーのフォームってどんなフォームが良いの?」と疑問を持つ方は多いんじゃないんでしょうか。

結論をいうと「綺麗なフォームが正しいフォームというわけではない」ということです。では、正しいフォームとはどんなフォームなのか解説していこうと思います。

僕はこれから話すポイントを意識して結果を出してきました。野球の経歴は「プロフィール」に書いているので、気になる方は読んでみてください。

ピッチャーで伸び悩んでいる方やもっと成長していきたい方はぜひ、最後まで読んで下さい。そして、これからの野球人生に活かしていきましょう。

ピッチャーの綺麗なフォームと正しいフォーム

「ピッチャーの綺麗なフォームと正しいフォームはどう違うの?」と思う方がいると思います。その違いについて解説していこうと思います。

綺麗なフォームとは?

綺麗なフォームとは、下記の通りです。

  • シンプル
  • 変なクセがない
  • 一見、良いフォームに見える

最後の「一見、良いフォームに見える」ことが正しいフォームだと思われる理由だと思います。では、正しいフォームとはどんなフォームなのでしょうか。

正しいフォームとは?

正しいフォームとは、綺麗なフォームというわけではありません。正しいフォームには3つの条件があると思っています。それは下記の通りです。

  • 球速が上がる
  • コントロールの安定
  • ケガをしない(※これが特に重要)

この3つの条件を満たすフォームが正しいフォームです。特に、ケガをしないということが綺麗なフォームとの1番の違いです

球速アップの方法については「【ピッチャー必見】球速140kmは誰でも出せる!実際に行った3つの方法紹介します!」で詳しく書いています。

ピッチャーは綺麗なフォームが正しいとは限らない?

ピッチャーを見ていると「この人のフォームは綺麗だなぁ」と思ったことがあると思います。ですが、綺麗なフォームをしていてもケガをしやすい人は結構います。なので、綺麗ですが、正しいフォームではないということです

逆に、とても独特なフォームをしている人でまったくケガをしない人もいます。ちなみに僕はこのタイプです。とても独特のフォームでしたが、僕は一度もケガをしたことはありません

ケガをしたことがないのは練習してないからと思う人がいるかもしれないので、言っておこうと思います。僕は基本的に毎日投げ込みをしていました。100球以上投げることもよくありましたし、投げ込みの量は誰にも負けません

それでもケガをしてこなかったのは、綺麗なフォームではなかったかもしれませんが、正しいフォームだったからだと思います

ピッチャーの正しいフォームはどんなフォーム?

では、ピッチャーの正しいフォームとは具体的にどんなフォームなのでしょうか。

答えは「正解はない」です。どういうことなのか詳しく解説していきます。

先ほど「正解はない」と言いましたが、それは人によって正しいフォームが違うということです。僕が一度もケガしないからといって、僕のフォームをマネしてもケガする人はケガします。

体の筋肉や柔軟性は人それぞれです。なのに、正しいフォームは1つだけなんておかしいですよね。なので、自分に合ったフォームを見つけることが必要です。僕の場合は、独特なフォームが「正解」だったというわけです

ピッチャーのフォームに絶対はない!

ピッチャーのフォームに絶対はありませんこのフォームなら球速が上がる、コントロールが安定する、ケガしないなどという絶対のフォームは存在しません。

だからといって、どんなフォームでも良いのかというとそうではありません。大事なポイントをきちんと理解していれば、あとは綺麗なフォームでも、独特なフォームでも良いのです。

では、ピッチャーのフォームで大事なポイントとはなんなのでしょうか。

ピッチャーのフォームで大事なポイントは?

ピッチャーのフォームで大事なポイントは、下記の5つです。

  • 自分に合っているか
  • 体全体の使い方
  • 肩、肘を上げすぎない
  • 肘を曲げて投げない
  • 投げ終わりのバランス

僕は常にこの5つを意識していました。このどれかができていないと球速、コントロール、ケガのどれかに影響がでます。僕の場合は、コントロールが悪くなりました

この5つがきちんとできているときは、結果も安定して出すことができていましたし、ケガをすることもまったくありませんでした。この5つができるフォームこそが自分に合った正しいフォームだと思います。

答えは自分で見つけるもの

正しいフォームの答えは自分で見つけるものです。指導者の言うことを聞いて伸びなかったり、調子が悪くなったりした人は結構多いんじゃないでしょうか。それは、その指導者の中での正解を教えているからです。

なので、その教えが自分に合わなければ伸びるわけありません。指導者の言うことを聞くなというわけではありませんが、正解とも限らないということを頭に入れておきましょう。その中で、良いかもと思うことは実践すれば良いと思います。

いろんな考えを知り、試行錯誤をすることで自分の答えを見つけていきましょう。

まとめ

今回は、「ピッチャーの正しいフォームとは?野球は綺麗なフォームが正しいとは限らない?」ということについて解説してきました。ここでもう1度、5つの大事なポイントをおさらいしておきましょう。

  • 自分に合っているか
  • 体全体の使い方
  • 肩、肘を上げすぎない
  • 肘を曲げて投げない
  • 投げ終わりのバランス

この5つがとても大事です。球速やコントロールがどれだけ向上しても、ケガをしてしまっては意味がありません。なのでケガをしないということもとても大事です。

野球にケガはつきものとよく聞きますが、そんなことは絶対にありません。なので、ケガは仕方ないという考え方は捨てて下さい。ケガしやすいという方は、今のフォームを見直してみて下さい。

思い通りの動きをするためにはユニフォーム選びも大切です。なので、自分に合ったユニフォームを選びたい方はこの記事も読んでみてください。「【初心者必見】野球ユニフォームおすすめ5選!失敗しない選び方も紹介します!

必ず役に立つ情報だと思います。なので、今ピッチャーとして伸び悩んでいる方やケガをしやすい方はぜひ参考にしてみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いた人
yuuki

大学時代、神宮ベスト8/ 勝ちパターンのリリーフとして結果を残す/ 野球に関する記事を書いてます!/ 野球で悩んでいる方、特にピッチャーの方で悩んでいることがあればお気軽にご相談ください!
本職は営業マンです。副業でライターとブログをしています。

yuukiをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました