大学時代、全国ベスト8神宮で登板した経験あり!今までの野球経験をまとめました。

野球

僕は、小学2年生の頃から大学4年まで野球をしてきました。その中で様々な経験をしてきました。そこで今回は、僕の今までの経験について話していきたいと思います。

実績

まずは簡単に実績をまとめておきます。小学校と中学校の頃はたいした実績が無いので高校からにします。

高校時代

  • 2年の夏から投手としてメンバーに選ばれる
  • 3年の夏 ベスト16 甲子園出場経験 無し

大学時代

  • 大学1年の春にメンバーに選ばれ、リリーフとして出場
    リーグ優勝、全国大会(神宮)でベスト8

中学の頃の監督のおかげで人生が変わりました。

僕は中学時代、硬式の野球チームに所属していました。その時の監督に「ピッチャーをしてみろ」と言われたことがきっかけでピッチャーをすることになりました。

左投げだったので、未経験というわけではなかったのですが、監督の一言が無ければ、絶対にすることはありませんでした。

監督からの一言があったからこそ、高校、大学で結果を出すことが出来ました。ピッチャーを始めた頃は3年になっていたのですが、その1年の間にオーバースロー、サイドスロー、アンダースローといろんな投げ方をしました

その経験が、自分の引き出しとなり、いろんな考えができるようになりました。野球で結果を残してこれたのは、間違いなく中学生の頃の経験や教えがあったからです。

高校入学時に、イップスになったが自力で克服!

高校に入った頃にはもうイップスになっていたという方が正しいかもしれません。高校に入るまではコントロールに自信があったのですが、その面影がまったくありませんでした。そして、周りからはノーコンと言われるようになりました。

イップスになったときに何をするべきか分かる人がいなかったので、自力でどうにかするしかありませんでした。具体的に何をしたかは以下の記事で書いています。

ピッチャーのイップスは治る?1年かけて自力で克服した方法を教えます!

試行錯誤を続け、1年かかりましたがイップスを克服することが出来ました。

イップス克服したことでメンバーに入る!

イップスを克服したことで一気にメンバーに入るまでになりました。左投げということもあり、ストライクさえ入れば戦力になると言われていたのでメンバーに入るまでは結構はやかったです。

そして、2年の夏からベンチ入りできました。そこからは、一度もメンバーから外れることはありませんでした。エースナンバーをつけることはできませんでしたが、先発としても試合に出場することもできました。

大学では1年からメンバーに!

大学に入ったら1年から試合に出たいと思っていました。それを本当に実現することができました。リーグ戦ではリリーフでしたが、ほとんどの試合で登板することができ、リーグ優勝することができました。

そして、全国大会にも出場することができました。これだけの結果を残すことができたのは中学校時代の考えや、高校時代の苦労があったからです。

僕は野球をしてきていろんなことを知り、いろんな経験をしてきました。この野球での経験を何か役に立てたいと思い、ブログで発信することにしました。野球に関する情報を幅広く伝えていこうと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました